juri★tos プラス
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[--/--/-- --:--] | スポンサー広告 |
当たり前の明日
あ~ぁ、、またサボっちゃいました。。



おサボり中の私は、仕事をしたり、仕事をしたり、、山に登ったりしてました。

ま、一言で申し上げますと「迷走」ですます。




久々の更新なのだから、預かりっ子のウル坊やのことを書いてやれゃ

と思うところですが・・



今日はどうしても書きたかった別の事を綴りまーす。



当たり前の明日 (10)
ウル「な、何と・・ 主は最低ナリ!!」


あらぁ~、ビックリした??

坊やのことは明日ね、明日・・(嘘)




私はよく、通勤中の電車内でセンターレポートを見ているのですが、

少し前に私のハートをツンツク揺さぶる子がいました。



当たり前の明日 (1)


真ん中の白い子です。





当たり前の明日 (2)


多頭飼育からの引取り。





当たり前の明日 (3)


人慣れイマイチ。。



どぉぉぉしても重なってしまう・・我が家のガイ君と。


当たり前の明日 (6)
ガイ「ガイ君、コレからどーなっちゃうのさ・・?」


人間に対する不信感、不安や諦めが入り混じったようなこの瞳。。

胸が苦しくなってしまいます。そんな目をしないでおくれよ。



今の我が家はギュウギュウ状態だけど、

余裕ができた時、この子にまだご縁がなければ我が家で預かろう。



そんな風に思いながら、毎週のレポを眺めていました。

亡くなってしまうなんて考えもせずに・・。




ある日を堺に彼はレポートから姿を消し、

「亡くなった」

という文面を頭の中で理解するまで、かなりの時間を要しました。



大切にされていたとは思えないもんな。

チョットしたことで体調を崩してしまうんだ・・。

あの子に「いつか」は無かったんだ。。


※ジュリ姐さん、預りさん宅へ到着したばかりの頃・・野生児※
当たり前の明日 (7)
ジュリ「人間なんて嫌いでシュ・・絶対信じまシェん!!!」

この子も、

※ジュリ姐は、センター収容時の写真がありません。
 野犬の群れで捕獲された内、たった1頭の生き残りです。


※チートスさん、センター収容時※
当たり前の明日 (11)
チートス「お家にはいつ帰れるのチィ?」

この子も、、



※ピコ(実家の愛娘)元飼い主に持ち込まれ後※
当たり前の明日 (14)
ピコ「怖い、怖い、怖いピコ。。」

この子も、



※コメッコ(⇒コメ)とっ捕まっり後・・今は幸せです※
当たり前の明日 (12)
コメ「チョト、アナタ!! 私、怖い言てるでショ??」

この子・・だけは根性ありそうなのは気のせい?



※コメリ(⇒米)とっ捕まってオブジェ化中・・今は幸せです※
当たり前の明日 (13)
米「ヤメるのだ! 犬ではない。置物なのだ!!」

この子・・も・・何だか結構芯が強そう。。



※ガイ君収容後、人間不信中※
当たり前の明日 (4)
ガイ「美人なベイビーがおやつくれるって? ガイ君、騙されないぜ。」

この子・・は、女々しい感じ。。



※ウル坊や、何が起きたか理解できてないと思う※
当たり前の明日 (5)
ウル「吾輩・・腹が減ったナリ。喰わねば戦はできぬナリょ。」

もちろんこの子も・・



ただ生きていた事、それすら幸運なのだと改めて思い知る。



例え私が少しくらい無理をしたとしても、、

きっと恐らく、よっぽどの事がない限り、明日は普通にやって来るだろう。



だけど人の手を離れたこの子達に、当たり前の明日は無い。



今ある私の日常が、ほんの少ぉ~しタイトになるだけ。

たったそれだけで、彼と共に明日を迎える事ができたのかも知れない。



でも・・私がどんなに悔いてベソをかいたところで、

亡くなった命は戻らない。絶対に。




当たり前の明日 (9)
ガイ「ムニャムニャ・・その肉、ガイ君のだぜ!」


愛されて、満たされて、変顔で眠りにつくことも知らず、、

私がグズグズしているうちに、ヒッソリと消え行く命があること。

忘れてはならぬと思ったのです。。





当たり前の明日 (8)
ウル「うるさいナリねぇ・・武士はもぅ寝る時間ナリょ・・zzZ」


君にも・・

そして他のたくさんの子達にも、優しい明日だけが来れば良い。。


スポンサーサイト
[2014/07/26 01:25] |  *ひとり言* | トラックバック(0) | コメント(2) |
<<坊やだからさ..。 | ホーム | 遊んでほしい。。>>
コメント
涙が、こぼれます。
センターレポートをいつも拝見しながら、何も悪くはないあの子達が、人間の身勝手で、あたりまえの明日さえ保証されない毎日。
決してあってはならない現実。
苦しいですね。

愛しいわが子の安心しきった寝顔を見ると、センターの子たちにも、いつか必ず優しい時間が訪れる事を、願わずにはいられません。
[2014/07/29 09:47] URL | ファロ母 #- [ 編集 ]
ファロ母様、こんばんは☆

本当に切なくなってしまいますね..。
大切にしてあげることができたなら、皆まだまだ生きられる命のはずです。
彼らは愛すれば、それ以上のドデカい愛情を返してくれるのに。。

きっと可愛ゆぃ寝顔に癒やされる..とか、へ~ぃ、明日は何して遊ぼうか?
とか、ミジンコ程も思わない人が手放すのでしょう。。
そんな人のもとで一生暮らさずに済んだだけでも良かった、とは思います。

ファロ&ウルブラザーズもきっと幸せな環境ではなかったでしょうね。
でも、素直で人間大好きな良い子達です。偉い!!
夜中の今現在、私を踏みつけながらドタバタ遊んでますが..大目に見ます(怒)

[2014/07/30 01:21] URL | ジュリ★トス #- [ 編集 ]
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバック URL
http://juritos.blog.fc2.com/tb.php/116-de859dab
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |
プロフィール

ジュリ★トス

Author:ジュリ★トス
FC2ブログへようこそ!

最新記事

月別アーカイブ

カテゴリ

検索フォーム

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

リンク

このブログをリンクに追加する

QRコード

QR

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。