juri★tos プラス
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[--/--/-- --:--] | スポンサー広告 |
☆ピコのこと☆(後篇)
私の実家の犬、ピコの事・・つづきです。



ボッソボソのガリガリ。。

避妊手術を受けたばかりの痛々しい状態でやって来たピコ。

それでも人を見ると耳を倒し、ウネウネすり寄ってきて体をピッタんこ

その愛らしさに「ぐゎっ!! なんと可愛いことかッッ!!!」

と私も旦那も驚愕 我が家のジュリ&チートスはシャイなもので。。



センターピコ (2)
*写真センターレポより勝手に拝借。。

でも、センターでは「怖がり」と言われていたピコなのに

人の後を必死で追い、しがみついてくるその姿は

「もぅあそこ(センター)には戻りたくないよ。。」

って言っているみたいで何だか切なかった・・。




我が家で生活を初めて数日が経ち、

少しずつ無邪気な表情が見られるようになってきたピコ。

そして布団の上をトイレと誤って認識してしまったピコ。

洗って干して、布団を敷いたらジャーー

また洗って敷いたら「待ってました☆」とジャーーッ

布団なしで寝る羽目になった夜も数知れず。。冬じゃなくて良かった。




ピコタン (2)
ピコ「トイレできた!! スッキィ~リィ~、ピコッッ
暑そうだからと旦那に毛を刈られた後のお姿。。

さよけ。。 良かったの。。

トイレの成功率が上がってきた頃、ウンチ君と遊ぶ楽しさを知ってしまったピコ。

布団の上やアチラコチラでウンチ君と遭遇する確率が急☆上昇<ヨッ!!




ズリピコ (1)
ピコ「アイツなかなか遊べる奴ピコ~★”」 ジュリ「バカでシュ。。」



ズリ☆トス★ピコ (11)
ピコ「チートスにもピッタんこピコ チートス「・・重ぃチィ~」



少し空気が読めない屈託のない愛らしさと、眩しいばかりの笑顔

嵐のように1ヶ月を過ごし体力が付いた頃、私と一緒に北海道へ飛びました。

正直に言うと、、あまりのピコの可愛さに我が家の子にしてしまおうかと

何度も迷い・・私の両親と言えどピコの飼い主に「相応しくない」

と判断したら東京に連れ帰るつもりでもありました。




正式譲渡ピコ (2)
最近のピコ・・毛伸びたの。。

そして今、「死んでも良かったかもしれない命」は

私の両親にとって掛け替えのない存在となり

遠い北海道の空の下でピカピカに輝いて生きています。



正式譲渡ピコ (1)
愛情独り占めで随分ふてぶてしい顔しとるやんけ!!

用事があって両親に電話をしても、ピコの可愛さ自慢を延々聞かされ

一方的に切られる娘・・お母サン、私はちと寂しぃ。。



***ピコへ***

グッスリピコ (2)
ピコ「Zzz。。」

君と出会えたから、やっと預かりのお仕事に踏み出す決心が付きました。
君の存在は、私にたくさんの事を教えてくれました。
今でも君に会いたくなって胸がギュッと苦しくなったりするけど・・
幸せなら何より。。
「ブスだねぇ・・」と顔を見るたび言っていた事は忘れて下さい。。
両親も、もちろん君も、この先歳をとってゆくでしょう。
君か両親、どちらかが病気をしたり満足に君のお世話ができなくなる日が
遠い未来に来るかもしれない。。
その時私はいつでも君を引き受けるつもりでいます。
これからの君は君の為だけに、その命を使えば良い。
思う存分生きれば良い。そう思ってます。
君を置いて帰る日、寝ている君に平気な顔でサヨナラして家を出たけど
空港に迎えに来てくれた旦那を見るなり涙した事は、君には一生秘密です


スポンサーサイト
[2012/08/05 21:16] |  ピコ | トラックバック(0) | コメント(0) |
<< | ホーム | ☆ピコのこと☆(前篇)>>
コメント
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバック URL
http://juritos.blog.fc2.com/tb.php/16-d5fd9087
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |
プロフィール

ジュリ★トス

Author:ジュリ★トス
FC2ブログへようこそ!

最新記事

月別アーカイブ

カテゴリ

検索フォーム

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

リンク

このブログをリンクに追加する

QRコード

QR

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。